HOMEPAD(ホームパッド)- 住まいをまねする・暮らしを良くするおうちのレシピサイト

Tポイントが貯まる。

こんにちはゲストさん

新規会員登録

投稿を探す

おすすめサービス

「住まいの検査・診断から片づけまで」ホームサポーター 金利上昇の不安のない固定金利、住宅ローン、フラット35 生活者向け戸建住宅管理サービス、ハウスオーナーズクラブ
TRETTIO(トレッテオ)、さあ、はじめよう!30歳からの家づくり パーソナルトレーニングジム、Aphrodite(アフロディーテ) 派遣の求人を探すなら、エン派遣(エン・ジャパン) LIXIL高齢者の住生活相談センター 高齢者の方々のための相談窓口
HOMEPADトップ > 第四回:家族の未来を「防災」する(2015/10/9)

住まいの達人コラム|暮らし・プロに聞く

防災アドバイザー 岡部 梨恵子さんインタビュー

thumb
第一回:毎日の暮らしと防災を考える(2015/09/18)
第二回:備蓄品の揃え方入門(2015/09/25)
第三回:備蓄品の収納・管理方法を知る(2015/10/2)
第四回:家族の未来を「防災」する(2015/10/9)

日々の暮らしに防災の視点を
災害時に役立つ、備蓄品の収納・保管術

9月は防災月間です。防災について、何となく考えているつもりでも、いざ、災害時にきちんと対応できる準備が整っているかというと、不安に思う方もいるのではないでしょうか。今回は、災害時に必要なものの揃え方や考え方、備蓄品の収納法・管理の仕方について、「防災備蓄を考える会」代表、防災アドバイザーの岡部梨恵子さんにお話を伺います。

第四回:家族の未来を「防災」する(2015/10/9)

家族の将来を助けることにつながる「防災」。事前に準備しておくことで大いなる助けにつながることがあります。日常における災害食の取り入れ方など、家庭で考える防災についてお話を伺います。
災害食と日常食を切り分けない
災害食は、普段から子どもと一緒につくったり食べたりして、「食べること」に慣れておくといいでしょう。被災したときに、精神的に不安定では、突然つくろうと思ってもつくれないこともあるでしょう。私がおすすめしているのは、ホリカフーズが出しているカレーライスです。東日本大震災の時に100万食も食べられたと言われています。火も水も使わずにつくることができるので、子どもにも安全です。また、私はコンビニのパウチのお惣菜も活用しています。サトイモの煮物やおでんなど、常温保存できるものが充実しています。災害食というと値段が跳ね上がってしまうものもありますので、身近な食品を上手に取り入れることをおすすめしています。非常時でも、日常に近い食事が出来ると安心できると言われています。災害食と日常食を切り分けて考えずに、日常に取り入れていくことが大切です。
「食べる」ことは、生きること!
被災すると、食事をしていないことすら忘れてしまうことがあります。それでは過酷な被災生活を過ごすことはできません。それで我が家では、被災した後、「お腹が空いている」ということを脳や胃に分からせるために、食欲がなくても食べられる「すぐ食べる」コーナーを用意しています。常温で日持ちする魚肉ソーセージをはじめ、栄養補給系のゼリー、羊羹やせんべい、飴などをちょっと口に入れられる食品が入っています。また、食事を作るというのは前向きな行動です。それによって前に進む元気が出てくるものです。また、備蓄品の中から好きなものを選び、災害時の調理法を知っていることも大切です。あらかじめ、A「ご飯・パン・麺類」、B「大豆製品・肉・魚」、C「野菜・芋・海藻・サプリ」、その他「果物・デザート」といった分類で食品を分けておくと、それぞれからチョイスして調理し、バランスよく栄養を摂りやすいです。お子さんが自分だけでもつくることができるように、調理器具と災害時の料理レシピを備蓄場所に置いておくのもいいですね。
考えて動き、防災の理解を深める
日本は「災害大国」と言われています。どこで被災してもおかしくないという国土に私たちは住んでいます。そして今日本は地震活動期に入っています。いつ突然被災者になるかは分かりません。だからこそ今、防災の知識や心構えを知っていていただきたいのです。何があっても絶対生き残るという強い意志を持つために、自分で考え、動くことが、防災においてとても大切なことだと思っています。今後、起こると言われている首都直下型地震や南海トラフ巨大地震の最大避難者数が、東日本大震災の15倍以上、720万人以上と想定されています。とてつもない数ですが、地震は事前に備えておくことで、対応できることがたくさんあります。防災備蓄をすることは、自分や、子ども、家族、大切な人を守るためにも、ひいては未来の日本の子どもたちの命を繋ぐためにもとても大切なことなのです。
プロフィール
防災備蓄を考える会代表。防災アドバイザー。
ファイナンシャルプランナー/整理収納アドバイザー1級/ライフオーガナイザー1級/日本災害食学会認定 備蓄委員の資格を持つ。
「断捨離祭り 2013」グランプリ、「日本災害食学会 第1回研究発表会」最優秀賞、「JAPAN ORGANIZING AWARD 片づけ大賞 2014」審査員特別賞、「日本災害食学会 第2回研究発表会」優秀賞などの受賞歴がある。
浦安市民の80%は集合住宅居住。その33団地・14,057世帯が加入する「浦安住宅管理組合連合会」の防災アドバイザーとして、マンションなど都市の集合住宅での備蓄について、特に災害時の環境を想定した啓発活動に力を入れている。
ホームページ:OKABE
一覧を見る
HOMEPADとは?

新規会員登録(無料)

会員登録/投稿で Tポイントが貯まる!

HOMEPAD(ホームパッド)ユーザー|YEAHH!ランキング

22YEAHH!

chiitakeさん

新築きれい

タイルにこだわりました

19YEAHH!

chiitakeさん

節電ちょー

ダメ人間製造機

16YEAHH!

TKさん

お掃除自己満

洗面台で自己満足

HOMEPAD住まいの達人クラブ(すま達)へのリンクはこちら

保険の先へ、挑む。損保ジャパン日本興亜

セディナは夢を今すぐ「カタチ」にリビングローンでお客様の夢をサポートします。

新築住宅からリフォームまで、アイフルホーム、フィアスフォーム、GL(ジーエル)ホーム、LIXIL(リクシル)住宅研究所

安心・安全を、先々まで。LIXIL長期保証サービス

サポート企業一覧

関連サービス

LIXIL公式インターネット通販、LIXILオンラインショップ

住宅購入予定者とGood Living友の会会員をつなげるマッチングサイト

PAGE TOP